面接にはマナーがある|マスターすれば合格の道は開ける

偏差値に頼らない進学支援

個性を伸ばせるサポート

大学生

今は個性を伸ばす教育が求められています。
難関大学へ進学しても、自分が本当にやりたい勉強と違っていることがあります。
また自分が将来やりたい仕事に就くため難関大学を突破する必要がある人もいます。
高校でも全日制だけでなく、今は通信制高校を選ぶ生徒もいます。
このように教育分野では多様性が広がっています。
このような状況の中で子どもが自分の進路を決めたり、目指す志望校を決定するのはとても重要です。
その手助けをするのがエフラボというサイトです。
エフラボの特徴は従来の教育サイトとは違って、偏差値で志望校を決めるのではなく、個々人に適した志望校や進路を選ぶことができる点です。
そのための情報がたくさん得られるようになっています。
例えば将来は医者になりたい生徒に対しては、どのような予備校へ通うのがいいのかなどの情報がエフラボのサイトでわかります。
また生徒の中には物づくりに興味を持っているケースもあります。
物づくりには色々なジャンルがありますが、それぞれの物づくりができる大学などを教えてくれるのです。
このようにエフラボは従来の受験サイトとは違って、生徒の個性を活かした進路指導をサポートしてくれます。
今は教育費の高騰が問題になっており、家計の負担になっています。
学費によって志望校を選ぶことなどもエフラボではサポートしています。
理工系を目指す生徒には、実際に理系大学を出て活躍している先輩の声なども知ることができます。
エフラボは生徒の進学や進路を総合的にサポートするサイトです。

大学での研究が良くわかる

大学生

高等学校卒業後の進学率は年々増加しており、2016年では半数以上の卒業生が大学等へ進学しています。
そして、大学進学希望者は高校1年生の秋には文系か理系かの選択を迫られます。
ですから、大学に関する情報集めは早くから行うのがベストです。
情報収集するにはインターネット検索が一番手軽です。
将来就きたい職種が決まっているのなら進学先も比較的早く絞れますが、全くイメージができない人も一定数います。
理系の大学や学部にしようかなと考えている人に向けて情報発信しているサイトの一つに、エフラボがあります。
エフラボの大学紹介の仕方は、「大学の研究」という新しい見方によるものです。
現役の大学教授や理系企業が普段行っている研究はどういった内容なのかを、コラムやインタビュー形式で紹介しています。
理系と一口に言っても細かく分けると、理学系と工学系の2種類です。
理学系では数学や物理学、化学といった高等学校の勉強を広げた学問から、地質学や天文学、生命科学などの、より専門的な学問もあります。
一方、工学系では航空科学や情報工学、医用生体工学等々、理学系よりも様々です。
したがって、大学での研究内容は多岐にわたります。
エフラボでは、その研究が将来どのように形になり世に役立てられていくのか、といった流れも見ることができます。
また、教授や企業代表の信念や熱いハートなども伝わってきて大変刺激となるサイトです。
エフラボの運営者が望むのは、理系大学への進学希望者と教育期間との良好な出会いです。
サイト以外でも情報誌を発行するなどして、出会いの場と流れを組み立てて幅広く提供しています。

情報を比較する

大学生

理系大学に進学を希望する人は、まず、情報を収集しましょう。
インターネットで理系大学を片っ端から検索をかける人が多くなっていますが、それではキリがありません。
エフラボというサイトを利用すれば、もっと手っ取り早く探すことができます。
エフラボでは理系大学についてまとめているので、そちらを参考にしてみましょう。
また、エフラボを活用して理系大学を探すにしても、ある程度は希望条件を決めておく必要があります。
例えば、理系大学を出た後、将来はどんな道に進みたいのかという点です。
医療関係の道に進みたいのなら、理系大学の中でも医学部に進学することになりますが、一口に医学部といっても大学によって評判やカリキュラムに違いがあるため、この点を確認してみましょう。
それから、エフラボを通してどんな人が活躍しているのか知ることもできます。
どんな会社に勤めている人が多いのか、理系大学の良いところなども探ってみましょう。
もしかしたら、自身が思っていた道に進んでいる人は少ないかもしれません。
理系大学に進むことで、どんな道が開けるのか、これを確認する必要があります。
理系というと、研究者の道に進む人も少なくありませんが、何らかの商品を製造開発するなど、いろいろな道が選択できます。
実際に研究者として成功している人の声も参考にしてみましょう。
また、各大学の方針なども確認しておくべきです。
卒業生の進路を知ることも大事ですが、方針が自身と合わないと学習ができにくくなってしまうからです。